2010年04月08日

「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)

 先日、妹の長女(3)が春から幼稚園に通い始めるということで、ささやかなお祝いを持って行った。3年保育があることなどから大阪府内の私立幼稚園に通わせるのだという。

 その「お礼」というわけではないだろうが、長女は通園用の制服に着替え、お披露目してくれた。携帯電話のカメラで撮影すると、さすが女の子、しっかりとポーズを決めていた。

 お披露目が終わり、制服をたたみながら妹がつぶやいた。「制服代や体操服代、教材費に入園料。幼稚園に入るだけで8万円くらいかかったんよ」。見ると制服は有名デザイナーのもの。幼稚園とはいえ、やはり私立はお金がかかるようだ。

 文部科学省の調査によると、公立幼稚園で1年間にかかる学校教育費は約13万1千円。これに対し、私立は約36万9千円と、3倍近くになる。

 私立の内訳は、授業料約24万6千円▽学校納付金など約5万4千円▽通学関係費約3万9千円▽図書・学用品・実習材料費など約1万3千円−など。これに習い事や塾などの費用が約14万3千円かかるという。

 教育費というと大学受験や高校の授業料の話が多くなってしまうが、幼稚園でさえ年間これだけの費用がかかってしまう。母親が働いている場合など、事情によってはやむなく私立の幼稚園や保育園に通わせるケースもあるだろうし、多くの親御さんにとって、教育費は子供が生まれた瞬間、いや、生まれる前から意識するものだろう。妹の場合、長女誕生のころから、将来に備えて長女名義の定期預金をしているという。

 「子供の将来について不安を抱いている」という女性(36)も、思い悩んでいるようだ。

 ≪まだ幼稚園にも行かない小さな子供が2人いますが、祝日が増えて連休も多い今、私立の学校じゃないと学力に差がつくのではないでしょうか≫

 一方で、2人を私立の学校に通わせることは負担なようで、こんな心境を漏らしている。

 ≪でも、うちの家計では私立は無理。公立に行くなら塾通いが必要になり、結局お金はかかる…。3人目を産みたいけれど、教育費を考えると難しいです≫

 (真)

【関連:連載「風」教育費】
現役世代、母子家庭…教育にかけるそれぞれの思い
高校無償化は「甘やかし」「不公平」
それでも私立を選ぶ…さまざまな理由
いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を
東大、京大に合格6割増「エリート公立校」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

宗教施設など6棟燃える(産経新聞)
郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡−米、EU大使(時事通信)
普天間5月決着、米と合意せず…外相(読売新聞)
<ケアベア>福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)
与謝野氏が自民離党届=谷垣総裁に提出(時事通信)
posted by ヨネダ マサオ at 03:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ(レスポンス)

パーク24は、荒川区から用地を借り受け、区役所の来庁者用駐車場を新設、タイムズとして4月下旬からサービスを開始する。

荒川区の本庁舎耐震改修工事に伴い来庁者駐車場のスペースが減少することから、区の保有する用地を民間事業者が借り受けるもので、駐車場新設による駐車スペースの確保と来庁者、一般利用者への利便性の向上を図る。

荒川区が実施したプロポーザル方式による公募で、電気自動車の充電スタンドの設置や、クレジットカード・電子マネー決済、カーシェアリングの導入など、利用者への高品質なサービス提案、地方自治体の来庁者駐車場の管理・運営実績などが評価され、同社が選定されたとしている。

民間駐車場の運営ノウハウを活用した用地貸し付けによる来庁者駐車場の運営事例は東京23区内では初めて。

同社は今後も各自治体に効率的な駐車場運営を提案し、利便性の高い駐車場サービスを提供する方針だ。

駐車料金は、8時00分から22時00分が30分100円。22時00分から8時00分までが60分100円となっている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ソフトバンクとオリックス、カーシェアで協力へ
荒川区でEVシェアリング開始
長崎エビッツ、74台のEVをレンタカーに
パーク24、川崎市の市区役所駐車場でサービス開始
パーク24、町田市役所の駐車場運営を受託

<鳩山首相>参院選「2人当選に全力」(毎日新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
長崎の産婦人科医会がカンガルーケアの注意喚起へ(産経新聞)
竹島ヘリポート 韓国が大規模改修 周辺に基地 日本の対応不明(産経新聞)
posted by ヨネダ マサオ at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りし、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したアメリカ映画「ザ・コーヴ(入り江)」に出演した女優ヘイデン・パネッティアさんらが26日、同町で漁をやめるよう訴えた。

 パネッティアさんは、環境保護団体「ザ・ホエールマン・フアンデーション」のジェフ・パントホフ代表や海外メディアの記者らと訪れた。

 町役場で三軒一高町長に面会を求めたが職員に断られ、町漁協でも門前払いされた。この後、映画の題名にもなった入り江「畠尻湾」の浜にイルカに見立てた白い布を敷くパフォーマンスをした。

 町では、訪問を知った地元の市民団体の車が「日本の食文化に口を出すな」とアピールし、町漁協前では、水産会社の従業員が「帰れ」とどなる姿も見られた。

 パネッティアさんは「憎しみをぶつけるのではなく、問題を解決しにきた。イルカ漁をやめて、美しい町が一大観光地になるよう協力したい」と述べた。

 三軒町長は「環境を唱えて売名行為をする団体と会う必要はない。まともな訪問なら、いつでも面会する」と話している。

2億8000万円賠償命令=「サムニン」リフォーム詐欺訴訟−東京地裁(時事通信)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立 (産経新聞)
事務いすで“力走” 京都でユニークな耐久レース(産経新聞)
元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」−千葉地裁(時事通信)
posted by ヨネダ マサオ at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。